カテゴリー
iPad

剥き身のままでiPad Airを使いたい僕はBay Street Sleeveを選んだのであった

実はiPad2用のスリーブケース

 今回、iPad Airにケースやフィルムは付けないでおこうと思ったけど、スリーブケースを買ってしまった。

iPad Airにケースは不要だと思っていた理由

 先代の第三世代iPadは最初、透明な背面ケースとSmart Cover をつけていたけど、結局カバー無しでつかっていたから。

 Smart Coverは使うとき背面に回すけど、そうすると持ちにくくなる。結局、家では大体はずしていた。

 背面ケースは一回割ってしまってそれから買ってなかった。そのせいで一カ所背面に傷を作ってしまったけど、買取は500円減額だけだった。それなら高いケースつけて、せっかく薄くて軽くなったiPad Airの利点を殺すのはもったいない。

むき出しの液晶は怖い

 今回のiPadは軽い!せっかくだから外に持ち出してドヤ顔したい(笑)

 運んでる時ぐらいはiPadを保護したい、鞄の中には金属製の荷物もあってこれが液晶に傷つけたらイヤ。ということでまずは、スリーブケースを買うことにしました。

 これ、実はiPad2用のスリーブケースですけど、なんかかっこよかったのでこれにしました。

幅に少し余裕が

 鮮やかな水色のバンドを外してiPad Airを取り出します。幅に余裕がありますね。

ヨドバシ.com - ACME MADE アクミメイド AM36483-PWW [ベイストリトSLViPad JV/TL]【無料配達】

 なぜか、Amazonにも楽天にもないので、ヨドバシ.comのリンクで。

 写真よりバンドはもっと明るい水色で茶色に映えます。縫い目の糸も同じ水色です。茶色の部分はふわっとした感触のゴム製の素材で、キラキラしたコーティングがされていて値段の割には完成度高いです。

 液晶保護と言うことであれば、保護フィルムでもよいですが、今回は本体自体には余計なものはつけないことにしました。ケースから出すとiPad Airそのものが現れるようにしたかったんですね。

 さて、ケースも入手して、さっそく持ち出してiPad Airでブログの下書きすると文字がやや打ちにくい。で、結局、アップルストアにiPad Air修理に行った時にSmart Coverも購入してしまったわけです。その話はまた次回



この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントは受け付けていません。