カテゴリー
文房具 東京

トラベラーズファクトリーへ行ってきた

トラベラーズファクトリー

 TRAVELER'S notebook(トラベラーズノート)ユーザーならば一度は行ってみたいお店「TRAVELER'S FACTORY(トラベラーズ ファクトリー)」に行ってきました。

半分休日、半分仕事

 4月から新しい期も始まるということで、いろいろ考えないといけません。最近、そういう考える仕事は会社じゃできないなと悟ってきたので、この休みはトラベラーズノートを持って、外でのんびり考えることにしました。だいたい、パソコンにいきなり向かっても何も思いつかないものです。

 せっかく外に出るならということで、中目黒駅近くの「トラベラーズファクトリー」に行ってみることにしました。

いつまでも見ていたい

 中目黒の駅を降りて、細い住宅街の道を進むと路地裏にトラベラーズファクトリーを発見。危なく通り過ぎる所でした(笑)

 外観が冒頭の写真。元は工場だったとか。

 一歩店内に入った時点で、つい笑みが浮かんでしまうぐらい、トラベラーズノートにぴったりの小物がたくさん!

 トラベラーズノートはリフィルつけたり、何か貼り付けたり、バンドにチャーム付けたりカスタマイズするのが面白いところで、カスタマイズ用のいろんな小物が所狭しと並んでる。これがまたどれもオシャレなんだな。そんなに広くない店内に楽しさがギュッと濃縮。どれ使ってカスタマイズしようか考えるのが楽しくて楽しくて。いやー行って良かったわ−。

 そんな楽しい店内の写真はGoogle画像検索からどうぞ↓

トラベラーズファクトリー - Google 検索

二階は作業場 & カフェ

二階はカフェスペース

 二階はカフェスペース & トラベラーズノートのカスタマイズスペースになっています。コーヒーは一階でオーダーです。300円。

 革のソファーが座り心地が良くて、ここに座って一階で買ったリフィルとかさっそくトラベラーズノートにセット。落ち着きます。

 あと、仕事も。ペリカンの万年筆でさらさらと考えをまとめて行く。うーん、なんかほどよい静けさで凄く考えがまとまる気がする。いいな、ここ。

こんなになりました

 家に帰って、トラベラーズノートに整理した内容をMacに入力。サクッと30分ぐらいで資料できたかな。やっぱり考えがまとまってると早い早い。

 で、トラベラーズノートはこんなになりました。

こんなになりました

 バンドにA-tak.comバッジをつけてみた。CGでできたロゴとアンマッチだけど、まぁいいや(笑)

フォアルオブのジッパーケース

 一目惚れの一品「fourruof(フォアルオブ)」とのコラボ商品のジッパーケース。片方は封筒のよう。

紙のようなコットン素材

 もう片方がジッパーケース。この前透明のジッパーリフィル買ったのに、ついついかっこいいので買ってしまった。しかもこれトラベラーズノートとほぼ同じ値段の3,000円(笑)

 いいんだよ、かっこいいから(笑)

fourruofという所とのコラボ製品

 布なんだけど、紙のような不思議な素材感。ペンケースとして使うのも良さそうだな。

クラフトケースも

 欲しかったクラフトケースも買った。こんな感じでA4の紙を三つ折りして入れることができる。今回、Mac持って行かない前提だったので、会社のミッションとか印刷して持ってきてたのを、ここに放り込んだ。

 4-5枚くらいは余裕で入る。もっと入るかも。

こんなに立派になりました

 こんなに分厚くなって、手帳らしくなってきた。いいね!

 ちなみに前回はこれ↓

トラベラーズノートを買った | A-tak.com

 自分好みに育てる感覚。これがみんなを虜にするんだろうな。

ついでに撮れるカメラバッグも

 店内にいい感じのパンフレットとかいくつかあったので、「とれるカメラバッグ」のカスタマイズスペースに入れてみた。オシャレなパンフなので様になる。思わぬ成果に、これまたニンマリだ。

一度は行くべき

 トラベラーズノートユーザーだったら、一度は行くべきですね。オシャレな感じで、あまり人もいなくて入りづらいかなとか思ったんですが、住宅街の真ん中なのに割と普通にひっきりなしにお客さんが来てて驚きました。気楽にいけますよ。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook

コメントは受け付けていません。