iTunes Match生活は意外といける

ITunes

 試しにiTunes Matchを使っていますが、思ったより使えそうです。

iTunes Matchの特徴

 年間3,980円のサービスでクラウド上に自分の音楽ライブラリを置けるようなサービスですが、特徴的なのが自分のパソコンに入っている曲を解析して、iTunes Storeで販売している曲と一致が確認された曲は、iTunes Storeの高音質256kbpsのデータで再生してくれることです。これって、過去に128kbpsとかで取り込んだCDも高音質になって甦ってくるんですよね。これに関してはここにやり方など書いています。

iTunes Matchで過去の音楽を一括で音質アップした | A-tak.com

 マッチしなかった曲に関しては2万5千曲まではアップロードしてiCloud上に置くことが出来ます。まず普通の人には制限なんてないようなものじゃないでしょうか。

 そしてiPhoneからもiCloudから聴きたいときにストリーミング再生できます。今回はこれの使い勝手を書いてみたいと思います。

iTunes MatchでのiPhone音楽生活

 せっかくのiTunes Matchですので、今までのように音楽ライブラリをiPhoneにドーンと持ってこずにオンデマンドで聴きたい曲のみストリーミングする感じで使ってみました。これの利点は音楽ライブラリでiPhoneの容量を大量に消費しないことですね。iTunes Matchで高音質化した影響で一曲のサイズも大きくなって、5分ぐらいで10MBぐらいですからね。

 まずはiPhoneの設定を変えてiTunes Match仕様にします。

 iPhoneの「設定」>「一般」>「使用状況」から「ミュージックアプリ」のデータを消すことで、今まで同期してた音楽とか全部消去。次に「設定」>「ミュージック」で「iTunes Match」をONにすると、ミュージックアプリの曲の横に全部雲マークがついて完全クラウド再生の状態になる。 iTunesにつなげても今までの同期する曲を指定する画面は出なくなる。

ソフトバンクの7GB制約に引っかからないように設定

 外でストリーミング再生はしたいので、「モバイルデータ通信」はオンに。でも、アプリなどの自動ダウンロードをされるとキャリアの通信制限にすぐに引っかかってしまうので、「設定」>「iTunes & App Store」で「自動ダウンロード」のところをすべてオフにしました。自宅でWi-Fiに繋がってもアプリを最新にしてくれなくはなるけど仕方ないですね。

ストリーミング再生はキャッシュされる

 さっそくiPhone5sのLTE回線で移動中に音楽を聴いてみましたが、思いの外すぐに再生が始まる!待ち時間は数秒という感じ。地下鉄で電波が悪くなると再生が始まらなくなりますが、案外そういう事態になることはなかったですね。さすが東京。

 あと、一度再生された音楽はキャッシュされるようで、何度もダウンロードされることはないみたいです。どれぐらい保持されるかはわかりませんが、今の所45曲ぐらいキャッシュされてます。曲の横の雲マークを押すと完全にダウンロードされて消えなくなるようですね。私はせっかくなので完全ダウンロードはやめてiTunes Matchのキャッシュ任せにしています。

 iPhone本体に保持されている曲数は、「設定」>「一般」>「情報」の「曲」から確認できます。

iPhoneの容量を節約しつつ好きな曲がいつでも聴けるというのは便利

 iTunes MatchにするとiPhoneにあるのはキャッシュの容量のみ。圧倒的に容量を節約できるのに、いつでも思いつきで好きな曲を聴くことが出来る。この前も急に宇多田ヒカルが聴きたくなってiCloudから再生。いやー、便利です。

 iTunes Match始めてから20日以上経ちますが、iPhoneで再生された曲は45曲だけで案外少なかったです。結局、好きな曲を何回も聴いてるんですよね。それなのに今までは何千曲もiPhoneの中に曲を入れてました。やっぱり、急に懐かしいあの曲を聴きたくなったりとかするので、そうしてたんですよね。無駄と言えば無駄ですね。

7GB制限にひっかからないか?

 これは聴き方しだいですね。私みたいに同じ曲を何度も聴いてる人だとあまり心配しなくても良さそうです。

 だいたい256kbpsの曲は5分ぐらいの曲で10MBぐらいなので、45種類の曲を聴くと450MB。普段のお気に入りのプレイリストに何曲入ってるかで判断してみてはどうでしょうか?

 心配ならばプレイリストの所の雲マークを押すと一括でダウンロードしてくれるので、家のWi-Fiで事前に落としておくといいでしょう。

容量の少ないiPhoneにできる?

 音楽の為に64GB 87,800円のiPhoneを買ってる人が、次に買い換えるときに16GB 67,800円のiPhoneにするというのは手かもしれないですね。2年でiPhone買い換えるとしてiTunes Matchの年間利用料3,980円×2=7,960円。iPhone本体差分2万円なので、1万2千ぐらいは得なのかなぁ。私の場合は、写真とかアプリ入れているので、やっぱり64GBはほしいですけどね。

試しにやってみるのもいいかも

 ちょっとよくわからなかったのが、歌詞が同期されているものといつまでたっても歌詞がiPhoneに入ってこない曲があるんですよね。なんとなくiTunes Match導入前に歌詞を設定していた物は問題が無くて、導入後のものは入ってこないように見えるのですが、イマイチよくわからず。

 高音質ファイルはローカルに落としてしまえばiTunes Matchをやめても、そのまま使えるので、とりあえず高音質化の為に1年契約してみました。来年どうするかは微妙ですが、試しに1年使ってみるのもいいんじゃないでしょうか。