カテゴリー
自転車

ナイトライドのアイウェアに調光レンズが便利

ナイトライド用にいくつかアイテムゲットしました。他にも秋用のウェア買い足しました。

調光レンズ

 今までアイウェアはRudy Projectのレッドレンズをつけていたのですが、夜に走るようになってサングラスでは前が見えません😅

 結局、ナイトライド用に調光タイプのレンズを買い足しました。

普段は透明
普段は透明

 これは紫外線を浴びると黒くなり、紫外線が当たらなくなると透明になるレンズです。

 これならば夜は透明でクリアな視界だし、昼間の日差しがまぶしいときは黒くなってまぶしさを抑えてくれます。レンズだけで1万2千円ぐらいしました😓

 最初に買ったレッドレンズは格好いいんですが、最近は暗い時から明るい時まで走り続けたりすることが多いので、結局調光レンズしか使ってません。勿体ない。

 簡単にレンズ交換できるので使い分けてもいいんですけどね。

[追記]

調光レンズは「寿命」があるらしく数年経つと色が変わるのが遅くなったり、ものによっては全然変わらなくなるらしい。
その時こそ夜は調光レンズ、昼はレッドレンズで使い分ければいいと思った。

 さておき、自動で明るさ調整が利くのは非常に便利。一日中気にせず使えます。

 ちなみに度入りのレンズもあるのですが、調べてみたら6万ぐらいするのでさすがにやめました。

 先日の長瀞ライドのエントリーでも書いたように路肩のコンクリートに軽く衝突して危なかったので、安全の為に人生初のコンタクトレンズを入手して対策する事にします。

 よくよく考えれば自動車乗るときはメガネかけるのに、それなりのスピードがでる自転車で視力補正なしはだめだよな…😓

反射ベスト

 ベルトタイプの暑苦しくないベストです。蛍光色の黄色はなかなか目立ちます。

 ヘッドライドでキラリと光るだけでもだいぶ違いますので、夜も走るときは必ず装着しています。

 長瀞からの帰りでルート選択失敗して17号を下っていったのですが、ベスト着け忘れて走っていたときは車がなかなか追い越しできず、ベスト着てからはどんどん抜いていくようになりました。

 たぶん、ベストを着ていない時はテールランプだけが光っている状態で、自転車の車幅が車から分かりづらかったのだと思います。

リフレクティブサイクルバンド

 足に着ける反射素材です。動いている部分に反射する素材を着けた方が車から目立つとかなんとか。

 自分の場合は夜に安全の為に着けてもいるのですが、街乗りで買い物に出かけたりする時に裾が広めのズボンを留めるのにつかっています。

 留めないとチェーンにひっかかったりズボンが汚れそうなのよね。

ジレ

はじめまして!ジレです!
はじめまして!ジレです!

 ジレってなんだよ感じだと思いますが、ベストと同じことらしいです。チョッキとも言う。

 先日にライドに言った長瀞の峠は寒いかなと思って急遽rin projectで買ったのですが、寒いと言うほどでもなくまだ実際に自転車乗るときには着てません。

 ジレは袖が無いのでウィンドブレーカーほど暑くなく、でも体幹はしっかりカバーするので秋冬に便利らしいです。

 しかもこれ左ポケットを裏返して、こんな感じでポケットの中に他の部分をしまい込んでコンパクトにできます。サイクルジャージの後ろにも入りますね。

ポケットにねじ込めます
ポケットにねじ込めます

 もう少し寒くなったら活躍してくれそうです。

今度は紅葉かな?

 秋用や夜用の装備も整ってきたので、今度は紅葉でも見に行こうかな。

 ちなみに、長瀞までの往復200km走ってから3日たった今でも筋肉痛が取れません。

 こんなに疲れが残るのは初めてですね😓

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook