カテゴリー
生活 雑記

sirocaの全自動コーヒーメーカー買った

新しくコーヒーメーカー買い直しました。

コーヒーメーカー大破

 今までサイフォン式のコーヒーメーカーでじっくり手間暇掛けて珈琲を楽しんでいたのですが、先日うっかり落としてみごとに大破しました😱

 洗う度に水気をふきんで拭き取ってたのでピカピカだったのですが、6年使ってたなら十分元はとれたかな?

sirocaのコーヒーメーカーにしました

シロカのコーヒーメーカー

さて、今回は豆を挽くところからドリップするまでを全部全自動でやるコーヒーメーカーにしました。サイフォン式はたしかに格好いいんだけど、ミルで毎回マメ挽くのも大変だし、ヒーター式でなかなかお湯にならないので珈琲飲むのが結構面倒だったのです。

 全自動で豆も挽いてくれる物を探すとパナソニックや象印もあったのですが、タイマーがついているのはビックカメラブランドのsirocaしかなかったので、その中でもSC-C111にしました。

 このシリーズはコーヒーサーバーがガラスかステンレス、フィルターがペーパーフィルターかステンレスフィルターがつくかどうかで3つに分かれてますが、私は一番安いガラスサーバーのペーパーフィルターつかうタイプにしました。

 まずこれにしたのはステンレス式はコーヒーが冷めやすいというブログを見かけたためです(北国の方のようですが)。ガラスサーバータイプだとヒーターがついているので冷めることはなかろうということでこちらに。作りすぎて放置すると煮詰まるという問題はありますけどね。

 あとコーヒーオイルがちゃんと残るステンレスフィルターはかなり興味をそそられましたが、どうやらペーパーフィルタータイプでも別売りのステンレスフィルターを買えば問題なく使えるらしい。あと色もシルバーが好きなのでSC-C111にしました。

豆は自動で計量してくれる

豆はこんな風にコーヒーメーカーの上に入れておくと設定したカップ数に応じて自動で挽いてくれます。粗挽き細引きも調整できます。今はちょっといい豆買ってきたので細引きでしっかり味出して楽しんでます。

 水は自分で計量して入れておかないといけません。逆に言うとお好みで水の量は調整できますね。

 この機種にした大きなポイントであるタイマー機能は結局まだ一回も使っていない。

 というのもコーヒー抽出まで正確に測ってないけど五分もかからないので、わざわざタイマー掛けるまでもない感じだから。朝起きてコーヒー飲みたいかな、と思ったら準備してスイッチオンすれば十分ですね。

すぐにコーヒー飲めるのはよい!

 忙しい朝でもサクッと出来たてのコーヒーが飲めるのはいいですね。まだステンレスフィルターが来てないのでそちらは試せてませんが、コーヒーオイルがたっぷり出たコクのあるコーヒーが飲めるのが今から楽しみです。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Twitter
Mastodon
Facebook