カテゴリー
Linux

パソコンを一日中つけていた場合の電気消費量

前回に引き続き、今度はこのサイトを運営しているサーバーの一日の消費電力をはかってみた。

パーツの詳細は不明だけど、AthlonXP 2000+で、メモリは1GB。IDEのハードディスクを乗せていて、LANカードは三枚挿している。はっきりいって、そんなに忙しいサーバーではない。

計測時間は24時間40分で、その間の消費電力は2.66KWだった。
24時間40分はだいたい24.6時間なので、2660Wを割ると1時間あたり108Wの消費になる。
1日で2592Wの消費、4月から電気料金が値上がりするみたいなので、1KWを20円として換算してみると、1日あたり、ほぼ52円。
一週間で364円、一ヶ月で1,560円、一年で18,720円の電気代がかかっていることになる。

いやー、格安のレンタルサーバー借りた方が絶対安上がりですね。月1,600円も出せばある程度のことができるコース選べるだろうしな。
パーツの故障なんかが発生した場合はもっと経費がかかるわけだから、ちょっと考えた方がいいかもしれないですね。
あとは、Athlonには暇なときにCPUのクロックを下げて消費電力を下げるCool'n'Quietという機能があるので、それがちゃんと動くようにするかですね。今はどうもこの機能が働いてないっぽい。
Cool'n'QuietはAthlon64以降かも。たしかAthlonXPには無い機能ですね。Linux用のドライバもなさそう。

とある事情でCool'n'Quietが使えるマザーボードとCPUが余っているから、これと取り替えてもいいかも。

この記事を書いた人: A-tak

A-tak.com(えいたっく どっとこむ)の管理人。
Apple野郎なおっさんでしたが、ちょっと最近のAppleには飽き気味。
A-tak.comは2002年2月から運営(前身のサイトは1999年3月から)。今年で18年目!

Youtube / Twitter / Mastodon / Facebook

コメントは受け付けていません。